2008年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008年10月15日

アジア最終予選ウズベキスタン戦

ホーム初戦は、1-1でドロー。

私は、先発メンバーを見て厳しい試合になると見ていたが案の定、カウンター先制された。

ホームで勝ちたい気持ちは、理解できる。だけど、前のめりになりすぎ。

これでは、カウンターの餌食になって当然である。

この結果は、先発メンバーを見れば容易に想像できた。要するにウズベキスタンをナメいていたのである。

私ならワントップなら先発には、巻を使うべき。ロングボールを使え攻撃のバリエーションが出る。

守備のバランスもとりやすい。足が止まりだしたら玉田でよい。決定力がある。

今日のような大試合に経験のない香川を使うのは、非常にリスクの高いギャンブル。

ぼろ負けした北京オリンピックメンバーは使うべきではない。

ボランチには、当然、長谷部と稲本だと思っていたがまさかの遠藤を起用。

終盤戦に香川を下げて遠藤を上げるなら最初からディフェンシブな稲本を使うべき。

選手交代の意図も不明。大久保を下げて岡崎を起用したときには、何を意味するのか分からなかった。

最後には、闘莉王を上げてポストに使う始末。ゲームプランがまったく逆になってしまっている。

消耗戦になる日本のゲームスタイルの勝負どころは、常にゲーム終盤にある。

ここにゲームプランの重きを置くべきである。

しかし、勝負勘のない岡ちゃんには無理なのかもしれない。

どうでも良いけど岡ちゃんには、背広よりもジャージの方がよく似合う。

ワールドカップの出場を決めた時もジャージ。縁起を担げ。

投稿者 jyoumu : 2008年10月15日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)