2008年09月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2008年09月22日

麻生太郎

茶番劇の自民党総裁選が終わり、麻生新総裁が誕生した。

ハナから結果は、決まっていた。もちろん、直後に解散総選挙もすることも決まっていた。

これを見据えた「自民党キャンペーン」だったわけだが・・・・。

「リーマンB」や「事故米」などの諸問題があり、不発に終わった。

こんな状態で総選挙に打って出ては、自民の大敗は確実。

仮に勝てたとしても、強行採決が可能な3分の2以上の確保は、とてもじゃないが無理。

国会のねじれ状態は、どこまでも続く。

私ならこのタイミングで総選挙をしない。負け戦をするほど麻生太郎も馬鹿ではない。

麻生太郎は、臨時国会では「緊急経済政策」はもちろんのこと「年金改革」や「行政改革」などの政策で

大きく民主の政策に歩み寄り、とりあえず今国会を乗りたいはず。

しかし、厄介なのは「自衛隊の給油活動」。

自民がこれを打ち切ることができれば、「自民」と「民主」は、さほど変わりのない政党になる。

ピンチになれば「なんでもあり」の自民党。実現可能である。

「経済通」の麻生総裁は、日経平均株価を13000~13500円にしてから「解散」する。

逆に民主党は、このタイミングで総選挙にならなければ大ピンチになる。

ねじれてばかりでは国民に「飽きられる」。

いずれにしても「解散権」を持つ自民が優位に政局を進め、世論の動向によっては、「大連立」が浮上する。

投稿者 jyoumu : 2008年09月22日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)