2008年03月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008年03月17日

チベット問題

オリンピックを前に中国政府は、難しい問題が発生した。

今回のチベット自治区での僧侶らによる暴動は、「中国化」に対するチベット人の

不満が一気に噴出したものである。

一説には、亡命中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が仕組んだともいわれている。

この暴動によって国際社会は、「チベット人権問題」について改めて認識した。

そして、各国から「五輪ボイコット」の声が聞こえだした。

ここで中国政府がどう出るかが見物であるが「五輪ボイコット」程度の抗議では、微動だにしない。

おそらく今後も中国の「正当性」についてアピールし続けるだろう。

そして「チベット自治区」は、何事もなかったようにこれからも「中国化」が進むだろう。

国際世論などまったく関係ない。

この国に、「反省」や「謝罪」といった言葉はない。

もうこの国は、誰にも止められない。

今後、中国やロシアの横暴は、どんどんエスカレートしていく。

 

投稿者 jyoumu : 2008年03月17日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)