2008年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2008年01月13日

ぜんざい

昨日、当社では「鏡開き」をして「ぜんざい」を振舞った。

少しのぜんざいでは、あったがみんな喜んで食べていた。

ところが社員の中で一人だけ「餅なし」のぜんざいを食べている人がいた。

どう見ても「餅10個」は、軽く食べれそうな風貌である「バフ職人」のO君(係長)である。

「餅」を食べないのには、理由があった。

幼少時にO君の「弟」が喉に餅を詰まらせ、死にそうなくらい苦しんだ事があったそうだ。

その光景は、非常にすさまじく幼少期のO君には、「トラウマ」となった。

それ以来、O君にとって「餅」=「死」となり「餅」を食べなくなったのである。

しかし、当事者のO君の「弟」は、今でも「餅」を美味そうに食べているそうだ。

O君は、「餅なし」のぜんざいを美味しそうに食べていた。

 

投稿者 jyoumu : 2008年01月13日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)