2007年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2007年12月03日

星野ジャパン

本日、星野ジャパンが北京への切符を手に入れた。

「闘将 星野」の「決断」が北京行きを決めたと言っても過言ではない。

前にも言ったが「野球ほど作戦が重要なスポーツは、無い」。

今回のオリンピック予選では、「星野采配」が見事に決まっていた。

「ダルビッシュ」の調子が悪い事を見極め、韓国戦に「成瀬」を先発させた事。

日本シリーズで不調だった「稲葉」の調子を見極め、先発で起用した事。

選手起用に関しても「適材適所」を実践できていた。

もちろん、今日の「スクイズ」の決断もすばらしい。

あの試合の流れでは、「同点」にさえすれば、「負け」が無くなると確信できるからだ。

私自身、スクイズしかないと思っていた。しかし、あのタイミングは、想定できなかった。

私は、「星野監督」は、大一番に弱いと思っていた。実際に過去が物語っている。

しかし、「過去」を糧に「大一番では、自分が動かなければ、勝てない事」を学習していた。

そして、今回、それを実行できた。つまり、自分を変えることが出来たのである。

北京では、今回の予選メンバーにこだわらない「人選」と日本の起動力を生かした精密な「戦略」で

是非、「金」を取ってほしい。「ニュー星野」ならできるはず。

あえて意見をするなら捕手の人選は、打撃よりも「リード」を重視した選考をするべきだと思し、

「リード」で悩む捕手をケアーできる「捕手出身のコーチ」を入れるべきだと思う。

「田淵」では、無理。

それが出来れば、あの窮地に追い込まれた「ツーラン」は、今後、防げるし

あの場面でホームランバッターに「インコース」を要求する事は、無くなる。

今回、テレビ解説していた「古田」が適任だと思うが・・・。

投稿者 jyoumu : 2007年12月03日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)