2007年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2007年12月02日

魚釣り大会

今日は、釣堀で魚釣り大会。主催は、当社の「正竹会」(管理職の遊びの会)。

家島の「水宝」という海の釣堀で11名の参加で行った。

各賞は、「大漁賞」と「大物賞」で商品は、商品券。

昨年、私は、78cmのメジロを釣り上げ「大物賞」をゲットした。

今年も意気揚々と参加したが・・・。

朝7時に釣堀までの渡し船に乗り、7時半には、現地到着。準備をして8時からスタート。

まずは、このスタートから30分ぐらいで鯛を数匹釣り上げるのが大事。

ここで躓くと「ぼうず」の呪縛に罹る。

私は、誰よりも素早く投入したがなかなかヒットせず、いやな予感が漂った。

案の定、その後1時間ぐらい経ってから1匹目の鯛を釣り上げるという釣堀においては、

限りなく「ぼうず」に近い状態になった。

逆に私のとなりで釣っていたN君は、「入れ食い」の爆釣状態。

「もう、鯛は、いらんわ」というコメントまで飛び出した。

スタートから1時間半後には、「青物」(メジロ、ツバス、ブリ、ヒラマサ)などを数匹、釣堀に入れる

「チャンスタイム」が訪れたが全く、私の「ウキ」は、反応しない。

「ミスターぼうず」といわれているO君までもが「青物」を釣り上げているにも係らず、

私の「ウキ」は、反応しない。

見るに見かねた「釣堀の社長」があの手この手で私に釣ってもらおうと策を講じるが

私の「ウキ」は、反応しない。

釣堀の社長は、「誰にも言わんといてよ」と言いつつ、遂に、この釣堀では、

「今年初」となる「禁じ手」の「秘密の撒き餌」を繰り出した。

その時、遂に私の「ウキ」が反応した。渾身の力で素早くあわせた。

やっとの事でヒットしたが・・・。ヒット直後に痛恨の「バラシ」。

今日の釣りは、これで全てが終わった。

社長は、「特別生けす」(女性、子供でもすぐに釣れる場所)に釣りに行こうと誘ってくれたが

それだけは、私の釣り人としての「プライド」が許さず、拒否した。

「残念やったな」と社長は、カンパチを2本、そっとクーラーボックスに忍ばせた。

納竿後、参加者全員で海上バーベキューを楽しんだ。

疲れていたので帰宅後、すぐに布団に入ったが「夢の中」でも「ウキ」は、反応しなかった。

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年12月02日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)