2007年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007年11月17日

オシム監督

オシム監督が急性脳梗塞で倒れた。

オシム氏は、66歳。

年齢で判断するのは、どうかと思うが

代表監督として激務をこなすには、少々高齢だったと今更ながら思う。

「日本代表」は、どこに向かうのか。「オシム・ジャパン」は、どう変化するのか。

年明けからW杯予選が始まる為、大きな戦術変更は、リスクを伴う。

「ボールも人も動くサッカー」というスタイルは、変えられない。

では、オシム氏の後継者は、誰が適任か?

既に私たちは、オシムの「戦術」よりもオシムの「哲学」に尊敬し、陶酔している。

指揮官に必要なのは「哲学」と「それを表現する言葉」であることを私たちは、知ってしまっている。

日本には、オシム以上の「哲学を語れる」人材は、いない。

とりあえず、「戦術」の継承だけなら「反町」でいい。今さら「岡田」は、やめてほしい。

日本サッカー協会も慎重に人選をしなければならない。

慌てる必要は無い。アジア予選は、「オシムの残した功績(戦術)」だけで戦える。

それ程、オシムサッカーは、ダイナミックで偉大なのである。

私は、次期代表監督には、「アーセン・ベンゲル」(現・アーセナル監督)が熱望する。

「世界のサッカーを知り、哲学を語り、W杯で勝てる監督」である。

今期は、無理だろうが「十分な準備」をすれば、「ベンゲル・ジャパン」も夢ではない。

あくまで最終目的は、「W杯での勝利」である事を理解し、「妥協」の人選だけは、やってはいけない。

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月17日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)