2007年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007年11月11日

第32回 エリザベス女王杯

秋のGⅠシリーズも中盤に入る。

ここまでは、3戦1勝。(スプリンターSは、購入せず)

いまだ、高配当には、ありつけていない。

ここで願ってもないレースが今日行われたが・・・。(結果は、以下の通り)

第32回エリザベス女王杯が京都競馬場2200Mで行われた。

このレースは、牝馬限定戦。しかも3歳馬と古馬が初対決する。

GⅠの中でも予想が厄介なレースだ。

正直なところ、本レースで本命にしようとしていた「ベッラレイヤ」が中間で故障発生し

馬券的には、あまり興味がわかなかった。

ということで私の馬券は、馬連一頭軸の総流し。

つまり、「本命の一頭だけを決めてヒモは、選ばない」という「予想の楽しみ」を拒否した馬券である。

MY格言に「偶数番流し」があるがそれよりも「荒い」馬券で勝負した。

本命馬は、アドマイヤキッス。

人気のウォッカは回避。ダイワスカーレットは、距離不安と目標にされるハンデがあると見る。

スイープトウショウとフサイチパンドラは、ムラ駆け傾向。

デアリングハートとアサヒライジングは、先行してダイワと共倒れ。

ローブデコルテは、福永が屋根だから買えない。(福永は、基本的に買わない主義)

最終的には、アドマイヤキッスとディアデラノビアの取捨になるが、若干、馬場が湿っている事から

重適正のあるアドマイヤキッス(サンデーサイレンス×ジェイドロバリー)が有利。

しかも母(キッスパシオン)が晩成型だったようここで素質が一気に開花すると見る。

希望的観測が多いが本命には、アドマイヤキッス。

よって馬券は、馬番6から総流し。

結果は、ハズレ。マイペースの逃げ切りでダイワスカーレットが優勝。

レースは、ダイワの楽逃げに他馬が金縛り状態。これでは、キッスの出番は、ない。

「誰も鈴を付けに行かない」。

また、MY格言ができた。「鈴が付かない逃げ馬は、黙って本命」(人気馬なら、尚更)

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月11日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)