2007年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007年11月04日

小沢一郎

「大連立」の打診を蹴った、民主党。

やはり、民主党も「国益」「国民の意思」を無視し「数の論理」「永田町の論理」を優先した。

つまり、「選挙最優先」である。

では、このタイミングで辞表を提出した「小沢一郎」真意は、どこにあるのか?

もう、小沢氏は、政治理念の無い寄せ集め集団の「民主党」に限界を感じているのではないだろうか。

今回の辞表の提出は、まさに小沢政策の「踏み絵」であり、

政治理念の無い政党からの脱却を意図するものである。

それにどう応えるかは、民主党議員の「大きな決断」が必要になる。

「小沢に伸るか反るか」

まずは、民主党議員に「踏み絵」を踏ますために「党首選挙」を行う。

「小泉氏の郵政民政化」と同じ手法である。(与党なら解散総選挙)

ここで「自民・公明・民主の連立」の反対勢力(管や鳩山)を完全排除する。

小沢氏が前もって確実にしなければならないのは、は、「民主の持つ参議院の議席」である。

衆議院の票は、どうでもいい、これが「切り札」。

この「切り札」をどう取りまとめるかが小沢氏の手腕の見せ所。

「壊し屋、小沢一郎」は、民主党を壊し、選挙をせずにで「政権」を取りに行く。

ここで言う「政権」とは、「主だった小沢政策を丸呑みさせる」という事。

福田氏も「自分の椅子」をほしがらない相手には、譲歩するはず。

小沢氏の眼中に「総理の椅子」は、ない。

そういう男に違いない。

「民主のお家騒動」は、逆に自民党とすれば「解散総選挙」チャンスなのだが・・・。

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月04日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)