2007年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007年11月30日

松田教授公演会

本日、弊社の教育プログラムの一環で兵庫県立大学の松田教授に

めっきの公演をしていただいた。

内容は、「めっき」は、どのような機能があり、最先端技術にどのように係っているか

というものだった。

私たちが行っている「めっき」以外に色々な種類がり、それが「携帯電話」などのハイテク機器には、

ほとんど使用されている事がわかった。

めっき技術の向上が「ハイテク産業」の発展の鍵を握っていると言っても過言ではない。

古代エジプトの「ツタンカーメンの金メッキ」から現在の「ハイテク機器の精密めっき」まで

約2500年の時を経ても、「めっき技術」は、まだまだ発展途上にある。

私たちも、急速なめっき技術の発展に遅れをとってはならない。

投稿者 jyoumu : 2007年11月30日 | | コメント (0)

2007年11月29日

スパイダーマンライド

先週の連休に家族でUSJに行った部下がいる。

その部下の子供は、まだ小さいのでアトラクションに入る事が出来なかったが

ショッピングやパレードなどで十分にUSJを満喫していた。

しかし、せっかくUSJに来たのだから人気アトラクションの「スパイダーマンライド」だけは、

体験しておこうと部下一人で入場口に向かった。

取材車「スクープ号」に乗り込み、邪悪な組織と戦うスパイダーマンのバトルを追い、

熱風や水しぶきを浴び、「衝撃の3-D」アトラクションを潜り抜け、ニューヨークの街を駆け抜ける

というのが「スパイダーマンライド」というアトラクションである。

一番の売りは、「衝撃の3-D」である。

40分ほどの待ち時間でアトラクションを楽しんだそうだが・・・?

部下は、「スパイダーマン」の姿も見てないし、「3-D]の映像も見てない。

ただ、乗り物に乗って、熱風や水しぶきを浴びただけ。

おかしいなと思いつつ、「最後の写真販売コーナー」で写真をみると

他の人は、みんな「お揃いのめがね」をかけていた。自分だけが素顔で写っていた。

「3-D用のめがね」をかけずに「スパイダーマンライド」を楽しんだのは、

多分、彼が初めてだろう。

 

 

 

 

しかし、部下は、「3-D]も見てないし「スパイダーマ」

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月29日 | | コメント (0)

2007年11月28日

インフルエンザ予防接種

今日、インフルエンザの予防接種を受けた。

毎年、社員全員がインフルエンザの予防接種を受けている。

そのおかげか、当社の社員は、インフルエンザにもならないし風邪もひきにくい。

しかし、私は、この予防接種と相性が悪いみたいだ。

ものすごく体調が悪くなる。体が宙に浮いたようになり、だるくなる。

この症状は、約1週間続く。

考えてみれば、今まで私は、インフルエンザになった事がない。予防接種をしなくても。

という事は、もともと私の体は、インフルエンザワクチンを必要としないのかもしれない。

とにかく、年末に向けて体調を万全にして「良い仕事」をたくさんして、良い年を迎えたい。

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月28日 | | コメント (0)

2007年11月27日

岡田ジャパン

「オシムジャパン」が「岡田ジャパン」に変わる。

なぜ、今さら「岡ちゃん」なのか。

彼は、97年W杯アジア予選中に更迭された加茂監督の後任で「監督」なり

W杯初出場を果たした。しかし、これは、彼の功績だろうか?

戦術やメンバーの選出にしても前監督からの「変化」は、差ほど見られなかった。

私は、「加茂」でもW杯に行けたと思っている。

岡ちゃんが指揮を執った初出場のW杯では、惨敗。

ある意味仕方がない部分もあるが調子の上がらない「城彰二」を

使い続けた岡田武史は、間違いなく「A級戦犯」である。

そして、何よりも問題だったのは、日本サッカー界の至宝である

「KING KAZU」を本大会メンバーから外した事。

これに何の意味を持たせようとしたのか?私は、未だに理解が出来ない。

こんな「岡ちゃん」でW杯予選を勝ち抜く事が出来るだろうか?

私が日本人の中から代表監督を選ぶなら

日本サッカー界のカリスマ、Jリーガー第1号「加藤久」にする。

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月27日 | | コメント (0)

2007年11月26日

七五三

昨日は、息子の「七五三」だった。

本来は、11月15日に詣でるものだが非常の混雑するので昨日にした。

最近では、11月末までに済ませれば良いようだ。

我が家は、近所の「姫路総社神社」で祈祷をしてもらう。七五三祈祷料は、7000円。

他の神社の祈祷は、知らないが総社では、他の祈祷も一緒に行う。

「安産」「初宮」「厄払い」「車祓い」等。

何か事務的にあっと言う間に終わる感じ。神聖な感じは、全くない。

それでも人は、集まる。そんなに信仰がなくても。

祈祷後、千歳飴、風船、お守りを貰い、絵馬に「思い」を書いた。

30000円の記念写真(衣装代込み)が子供の「七五三」の思い出として残る。

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月26日 | | コメント (0)

2007年11月25日

第8回 JCダート、第27回 JC

日本の馬だけでも馬券が当たらないのに

今週は、外国馬を招待して行うジャパンカップとジャパンカップダートがあった。

結果は、御察しの通り、外れ。

今後は、外れた馬券を公表するは、やめる。

「外れた馬券の能書き」を書いても意味がないからである。

2歳のGⅠは、馬券を買わない。

今年最後の大勝負「有馬記念」に全てをかける。

投稿者 jyoumu : 2007年11月25日 | | コメント (0)

2007年11月24日

成道会お祝い発表会

今日、息子が通っている幼稚園の「成道会お祝い発表会」にいった。

「成道会」とは、毎年、12月8日に釈迦の成道の日を記念して行う法要のこと。

それをお祝いする発表会(学芸会)が今日あったわけである。

息子は、演劇では、「大きなヤギさん役」、演奏では、「ピアニカ」であった。

「大きなヤギさん」は、上手く演じていたが

「ピアニカを弾く手の動き」は、微妙。

彼は、がんばっていたが残念ながら、これは、遺伝である。

それにしても幼稚園で「ピアニカ」を弾くなんて最近の子供は、出来がいい。

私などは、6年生まで「カスタネット」一筋だった。

図工の展示もあったので見に行った。

息子は、「爆弾を食べている牛」を書いていた。大胆な色使いとダイナミックな構図。発想が天才的。

私は、「すばらしい絵」だと関心していた。

妻は、「教育方針、間違ってないよね」と不安になっていた。

投稿者 jyoumu : 2007年11月24日 | | コメント (0)

2007年11月23日

焼き芋

本日は、「勤労感謝の日」であるが当社は出勤日である。

先日、訳ありで「鳴門金時」を大量に入手していたので

「勤労の感謝」をこめて昼食時に「焼き芋」を準備し、社員のみんなに振舞った。

なかなか好評で約10kgの焼き芋は、あっという間に「完食」となった。

私は、食べすぎで「胸焼け」がひどく、とりあえず、牛乳を飲んだ。

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月23日 | | コメント (0)

2007年11月22日

白いめっき

当社のホームページを見て戴いたお客様から「白いめっき」の依頼があった。

母材は、アルミ材52S。

当社としては、めっきではないが「アルマイト処理」をお勧めした。

アルマイト処理は、染料で着色できるので「白の染料」で着色しようと考えていた。

お客様の話を良く聞くと表面は、「導電体」でなければならないとの事。

アルマイト皮膜は、「絶縁体」であるため使用不可となる。

ならば、素地を梨地処理してクロムめっきをすれば「白っぽく」見えるのでサンプルを作製し、

「色目」や「質感」を見て戴いた。

感想は、「紙のように真っ白でないとのダメ」との事。

現状では、当社が加工可能な「白いめっき」は、これ以上のものはない。

お客様の要求は、私たちが考えている以上に「斬新な機能」を求めている。

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月22日 | | コメント (0)

2007年11月21日

反町ジャパン

反町ジャパンが北京五輪アジア最終予選の最終戦でサウジアラビアと0-0で引き分け、

北京五輪の出場を決めた。

日本代表は、ホームゲームである事と前節のベトナム戦を圧勝している事もあり

世間は、断然有利と思っていたに違いない。

ナショナルスタジアムに空席が目立った事からもその事は、伺える。

やはり、社内でもサッカーに興味のある8人中7人が「日本が勝つ」と予想していた。

もちろん、「サウジが勝つ」と言ったのは、私である。

「勝ってあたり前」のゲームが一番、難しい。それがプレッシャーになる。

案の定、ゲームは、接戦となり「辛うじてドロー」に持込み、何とか五輪出場権を得た。

しかし、ピッチに立つ日本選手たちは、以外に「冷静」だった。「大一番」の経験があったのだろう。

それに比べて「反町監督」は、緊張とプレッシャーで放心状態。

選手交代の3枚のカードを1枚も切らず、コーチングも出来ない。

「自分が動く事」を完全に拒否していたし、「勝敗の責任」を選手に転換していた。

これは、「責任問題」である。

日本サポーターがこの目先の勝利に酔ってしまい、「本当に反町で五輪に勝てるのか?」という批評が

出来ないようでは、五輪サッカーで「日の丸の掲揚」を見ることは、できない。

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月21日 | | コメント (0)

2007年11月20日

風邪

先週の暴飲暴食がたたり、今週は、風邪でボロボロ。

咳がひどく、のどが痛い。若干、熱があり関節も痛い。

昨夜は、喘息になったのではないかと思うほど苦しかった。

重要な打合せがあったので会社に出勤した。しかし、私が咳をするたびに

事務所の女子社員は、「風邪ひいたんやったら会社来るなよ。マスクぐらいせいよ。」みたいな空気が漂う。

しんどそうな私を見た社員は、口々に「風邪ひいたんですか」とやさしい言葉をかけてくれるが

私には、「この忙しい時期に風邪なんかひくなよ。たるんどんちゃうか」と聞こえる。

今週の飲み会は、全てキャンセル。

粛々と日々を過ごす。

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月20日 | | コメント (0)

2007年11月19日

第24回 マイルチャンピオンシップ

「外れても、外れても」予想は、続ける。

競馬は、「畜生に他人が乗る」。

「馬券で蔵が建つ」はずが無い。

馬券的中が全てでない。「馬券は、ロマンであり、哲学である」。

さて、今週は、秋のマイル王決定戦「第24回マイルチャンピオンシップ」が

京都競馬場1600Mで行われた。

私の本命は、キングストレイル。(7番人気、単勝 18.4倍)

サンデーサイレンス産駒、最後の大物と見ている。まだ本気で走ったことは、一度もない。

サンデー特有の「繊細さ」が出世を妨げている。時折見せる能力は、一級品。

名伯楽、藤沢和雄が屋根を田中勝から岩田にスイッチした。どう考えても、ここが勝負。

今回は、究極の仕上げで本番を迎えた。買わずにいられない。

馬券は、馬連で③から偶数番に流し、⑪スズカフェニックスを加えた計10点を1000円ずつ購入。

結果は、外れ。

私の本命馬は、③キングストレイルは、6着に沈んだ。

最後は、「遊んで」走っていた。(本気なら楽勝だった)

私も藤沢調教師も岩田騎手の乗り方に文句は、ない。

ただ、「最後を本気で走らせる」ことのできる「豪腕ペリエ」だったら・・・?

キングストレイル。ペリエとのコンビで「有馬」に出ろ。

そして、私にクリスマスプレゼントを・・・。

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月19日 | | コメント (0)

2007年11月18日

「恋空」

今日は、娘と二人で映画「恋空」を観た。

実は、先週も観ようと出かけたのだがすべて満員御礼。大人気。

最近にないヒットになりそうなので今週は、必ず見たかった。

昼ごろに行くと既に18時15分からの上映しか席が空いてなかった。

席を予約して家で時間潰し。(テレビでマラソン、ゴルフ、競馬など)

いよいよ、上映時間前になり映画館に乗り込むと「若いカップルだらけ」。

私たち親子は、完全に浮いていた。(多分、私が最年長者で娘が最年少者)

それにもめげず、ラブストーリー映画に没頭した。(寝なかった。泣きまくった。)

あっと言う間の2時間だった。

解かり易い、良い作品だと思った。

とりわけ強調材料は、無い。良い意味で期待通り。大ヒット間違いなし。

「泣きガッキー」は、最高だった。(川辺の木下で蓮華の髪飾りで愛を誓うシーン)

何か昭和の時代を思わせる、懐かしい感じがした。逆に「いまどきの子」には、新鮮かもしれない。

「若い子」だけに見せるのは、もったいない。

勇気をだして私たち「中年」も「恋空」を観に映画館へ行こう。

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月18日 | | コメント (0)

2007年11月17日

オシム監督

オシム監督が急性脳梗塞で倒れた。

オシム氏は、66歳。

年齢で判断するのは、どうかと思うが

代表監督として激務をこなすには、少々高齢だったと今更ながら思う。

「日本代表」は、どこに向かうのか。「オシム・ジャパン」は、どう変化するのか。

年明けからW杯予選が始まる為、大きな戦術変更は、リスクを伴う。

「ボールも人も動くサッカー」というスタイルは、変えられない。

では、オシム氏の後継者は、誰が適任か?

既に私たちは、オシムの「戦術」よりもオシムの「哲学」に尊敬し、陶酔している。

指揮官に必要なのは「哲学」と「それを表現する言葉」であることを私たちは、知ってしまっている。

日本には、オシム以上の「哲学を語れる」人材は、いない。

とりあえず、「戦術」の継承だけなら「反町」でいい。今さら「岡田」は、やめてほしい。

日本サッカー協会も慎重に人選をしなければならない。

慌てる必要は無い。アジア予選は、「オシムの残した功績(戦術)」だけで戦える。

それ程、オシムサッカーは、ダイナミックで偉大なのである。

私は、次期代表監督には、「アーセン・ベンゲル」(現・アーセナル監督)が熱望する。

「世界のサッカーを知り、哲学を語り、W杯で勝てる監督」である。

今期は、無理だろうが「十分な準備」をすれば、「ベンゲル・ジャパン」も夢ではない。

あくまで最終目的は、「W杯での勝利」である事を理解し、「妥協」の人選だけは、やってはいけない。

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月17日 | | コメント (0)

2007年11月16日

誇り

本日、インターンシップが無事終了した。

最後に高校生諸君には、今回の研修の感想を発表してもらった。

感想の内容は、「最初は、緊張した」

「一日が早かった」

「朝のラジオ体操は、気持ちいい」

「バフ職人は、仕事が速い」

「硬質クロムめっきは、面積計算などが必要で難しい」

「プレートに名前を書いたアルマイト加工は、いい出来映えだった」

「ショットブラストで黒皮を取るのは、綺麗になって気持ちいい」など。

最高に感動した感想は、

「誇りを持って仕事をしている姿がかっこよかった」

「就職活動をするときに役に立てたい。来年、フジコーの就職試験を受けてみたい」。

是非、フジコーに就職してほしい。

「縁」があってフジコーで研修したのだから。

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月16日 | | コメント (0)

2007年11月15日

ヤキトリードボン

今夜は、GG&Pの11月例会。

半荘4回でドボン、ドボン、ドボン、ヤキトリードボン。

絶不調。

手が入らない訳では、ない。

ただ、最後が良型の待ちにならない。

突っ張りあいでは、必ず負ける。

早く終わったので他の台で打っている人の手順を見学した。

すると、点棒の少ない人は、明らかに「守備型」。決して前に出ない。

私のように「逆転」を狙った手筋ではない。

今日まで麻雀は、「運が左右する」と思っていたが違う。

いかに自分を制御するかが重要。

今後、調子の悪いとき(点棒が少ない時)は、

「動かず、騒がず、静かに打つ」

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月15日 | | コメント (1)

2007年11月14日

「債権回収」

昨夜は、姫路商工会議所青年部で私が所属する委員会(経営のチカラ創造委員会)の

10月例会があった。

今月の例会は、当委員会のある先輩が実経験を元に「債権回収」についての色々な武勇伝を

語って戴くという内容。

「ややこしい人」から集金した話や債権者会議の話、小額裁判の話、大企業との肖像権争いの話など。

話を聞けば聞くほど

「間違った人から借金をしてはいけない」

「会社は、健全で正直な経営をしなければならない」と感じた。

例会の後、「食楽酒遊 こいも」という居酒屋で食事をした。

名物料理は、無さそうだったが注文した蝦蛄、刺身盛り合わせ、おでん、から揚げどれをとっても

腹が減っていたせいかやたら美味しかった。

満腹になった後は、いつもの通り、Cラウンジに直行。

投稿者 jyoumu : 2007年11月14日 | | コメント (0)

2007年11月13日

指し値

昨日、朝9時の取引開始と同時に指し値でY興業の注文を出した。

すぐに先週の終値24円安の指し値で取引成立。

その直後から一気に38円下落。

危ないタイミングで買ったのは、解かるが予想以上の下落。

昼のニュースでも株価下落が報じられはじめる。

今思えば「ブラックマンデー」という言葉があるように月曜日は、注意しなければならなかった。

しかし、十円台の値動きで一喜一憂するようじゃ話にならない。

ここは、高みの見物。

成り行き任せ。

今の株価は、米国株価暴落に影響された「心理的なもの」。

米国株価も反発するはず。

「ウォール街の兵どもが黙っていない」

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月13日 | | コメント (0)

2007年11月12日

インターンシップ

本日より1週間、姫路工業高校3名、飾磨工業高校2名の学生諸君が

インターンシップ(会社などでの実習訓練期間)に来ている。

当社に来た子達は、みんな素直で挨拶もきちんとできている。

こちらも「清々しい気持ち」になれる。

実習は、主要部門である硬質クロムめっき、アルマイト、無電解ニッケルめっきを予定している。

めっきについて理解してもらおうと実習内容も盛りだくさんにしている。

少しでも理解してくれればいいと思う。

それよりも実際に真面目に活々と働いている「フジコーの社員」を見て、

何かを感じ取ってもらいたいと思う。

そしてこれからの人生に役立ててほしい。

私たちも実習に来ている子達が「フジコーで働きたい」と思ってくれるような

良い会社にしなければならない。

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月12日 | | コメント (0)

2007年11月11日

第32回 エリザベス女王杯

秋のGⅠシリーズも中盤に入る。

ここまでは、3戦1勝。(スプリンターSは、購入せず)

いまだ、高配当には、ありつけていない。

ここで願ってもないレースが今日行われたが・・・。(結果は、以下の通り)

第32回エリザベス女王杯が京都競馬場2200Mで行われた。

このレースは、牝馬限定戦。しかも3歳馬と古馬が初対決する。

GⅠの中でも予想が厄介なレースだ。

正直なところ、本レースで本命にしようとしていた「ベッラレイヤ」が中間で故障発生し

馬券的には、あまり興味がわかなかった。

ということで私の馬券は、馬連一頭軸の総流し。

つまり、「本命の一頭だけを決めてヒモは、選ばない」という「予想の楽しみ」を拒否した馬券である。

MY格言に「偶数番流し」があるがそれよりも「荒い」馬券で勝負した。

本命馬は、アドマイヤキッス。

人気のウォッカは回避。ダイワスカーレットは、距離不安と目標にされるハンデがあると見る。

スイープトウショウとフサイチパンドラは、ムラ駆け傾向。

デアリングハートとアサヒライジングは、先行してダイワと共倒れ。

ローブデコルテは、福永が屋根だから買えない。(福永は、基本的に買わない主義)

最終的には、アドマイヤキッスとディアデラノビアの取捨になるが、若干、馬場が湿っている事から

重適正のあるアドマイヤキッス(サンデーサイレンス×ジェイドロバリー)が有利。

しかも母(キッスパシオン)が晩成型だったようここで素質が一気に開花すると見る。

希望的観測が多いが本命には、アドマイヤキッス。

よって馬券は、馬番6から総流し。

結果は、ハズレ。マイペースの逃げ切りでダイワスカーレットが優勝。

レースは、ダイワの楽逃げに他馬が金縛り状態。これでは、キッスの出番は、ない。

「誰も鈴を付けに行かない」。

また、MY格言ができた。「鈴が付かない逃げ馬は、黙って本命」(人気馬なら、尚更)

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月11日 | | コメント (0)

2007年11月10日

ヴァンフォーレ甲府戦

今日は、サッカー観戦に行った。

ヴィッセル神戸対ヴァンフォーレ甲府戦。

甲府は、J1残留争いをしているチーム。(現在、17位)

言うまでもなく甲府サポーターは、熱気を帯びていた。

しかし、甲府イレブンには、まったく覇気が感じられず、

逆に神戸イレブンは、「ホームでは、負けられない」という気持ちが全面に出ていた。

神戸が警告5、退場1に対して甲府は、警告、退場者が0という結果からも

モチベーションの違いは、明確。

試合は、4-1で神戸の圧勝。

得点は、レアンドロ、古賀、栗原の各1ゴールとオウンゴール。

それにしても最近の古賀の活躍は、目に付く。さすが左サイドのスペシャリスト。

しかし、今は、福岡からのレンタル選手。来期は、どうなるかわからない。完全移籍を希望。

ヴィッセルの今の戦力をもってすれば、来期は、上位争いできるはず。

しかし、優勝を本気で狙う為には、中盤で試合を組み立てられる選手が必要。

ならば、サンフレッチェの柏木陽介(御津出身)を是非、獲得してほしい。(レンタルでもいいから)

サンフレッチェ(現在、16位)がJ2に降格すれば、交渉のチャンスがくる。

そういう意味で今日の試合結果は、あまり歓迎できない。

 

 

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月10日 | | コメント (0)

2007年11月09日

半養殖あんこう

いよいよ、鍋シーズンの到来。

ということで先日、再び「あんこう鍋」を食べに行った。

「あんこう鍋デビュー」の二人のコメントは、「ふぐより美味い」。

それを聞いた店主のおやじは、言う。

「当たり前や養殖のふぐなんか1匹500~600円やで、天然は、18000円ぐらいするから

お前らは、養殖しか食うてないはずや」

なるほど、1万円のコース料理のふぐは、多分、養殖。

しかし、天然を食ったことが無いから比較は、できない。(養殖でも十分、美味いけど・・・)

今度は、こちらがおやじに質問。

「ここのあんこうは、どないなんや」

おやじは言う。

「うちは、半養殖や。九州からの直送や。半養殖いうても解かれへんやろ」

後にネットで調べたが「アンコウの養殖」は、ないらしい。(深海魚の養殖は、存在しない)

まして「半養殖」などありえない。

「さて、今回の食べた魚は、なんでしょう?」

 

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月09日 | | コメント (0)

2007年11月08日

株価全面安

本日の株価は、全面安の展開。

原因は、サブプライムローン問題が根本。

アメリカの「住宅バブル」に見切りをつけた「ウォール街」が原油に投資をはじめたのが

問題を助長している。

しかも、これに付随しての円高。(ドル売り)

今週一杯は、下げ止まらない。

狙いは、「Y興業」。来週はじめから反発する。

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月08日 | | コメント (1)

2007年11月07日

長浜一番 飾磨店

今日の昼食は、「長浜一番 飾磨店」で食べた。

昼食時は、いつも満員の人気店。

長浜ラーメンとしては、あっさりとしたラーメン。でも、コクは、しっかりとある。

それにピリ辛の高菜を入れると何ともいえない美味さ。

店の雰囲気は、おんな子供は、ちょっと入りにくい感じ。

みんな、黙々と食べているだけ。

店のおやじに無駄口は無い。小声で発するのは、「いらっしゃい」と「おおきに」だけ。

この無愛想さがいい感じ。

頑固一徹、この道40年の味は、必食に値する。

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月07日 | | コメント (0)

2007年11月06日

飾磨食堂

今日の昼食は、「飾磨食堂」で食べた。

「飾磨食堂」とは、最近、出店ラッシュしている「まいどおおきに食堂」の飾磨店である。

昔で言う「一膳めしや」、最近で言う「ザ・めしやの縮小版」のようなスタイルで営業している。

繁盛しているようでおかずを取るまでに10分ほど待った。

私は、「名物 卵焼き」「メンチカツ」「マグロの刺身」「ポテトサラダ」「豚汁」「ご飯(大)」を食べた。

特に「ご飯(大)」は、ボリューム満点で食べ応えがあった。(ちょっと気分が悪くなるほど)

周りを見渡すといろんな「めし+おかず」のチョイスがある。

「めし+焼き魚」「めし+揚げ物」は理解できる。(オーソドックス)

「めし+マーボ豆腐」理解できない事は無い。(マーボ丼で食べていた)

「めし+シュウマイ」は、理解不可能。(中華料理屋でもない食い合わせ?)

あえて、「シュウマイ」をチョイスする人の気持ちは、どうしても理解できない。

「食の好みは、人それぞれ」

 

あえて、「シュウマイ」をチョイスする人の気持ちは、どうしても理解できない。

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月06日 | | コメント (1)

2007年11月05日

親睦会旅行

弊社には、親睦会がある。社員全員入会してもらっている。

親睦会行事としては、お花見、ボーリング大会、暑気払い、日帰り旅行など。

親睦会会長の私は、今年も日帰り旅行のセッティングをしなければならない。

今年は、「カニ旅行」にしようと決めていたので旅行会社に企画を依頼していた。

今日、旅行会社と旅館と旅行コーディネータの営業マンがプレゼンに来た。

食事の内容、お風呂、お土産といろいろ考えた企画を用意していた。

話を聞くだけで「是非、行きたい」と思った。

お土産の「カニすし」のボリュームを上げる事を条件にその場で契約した。

親睦会会員の皆さんに喜んでもらう為にも「下見」に行かなければならないと思っている。

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月05日 | | コメント (0)

2007年11月04日

小沢一郎

「大連立」の打診を蹴った、民主党。

やはり、民主党も「国益」「国民の意思」を無視し「数の論理」「永田町の論理」を優先した。

つまり、「選挙最優先」である。

では、このタイミングで辞表を提出した「小沢一郎」真意は、どこにあるのか?

もう、小沢氏は、政治理念の無い寄せ集め集団の「民主党」に限界を感じているのではないだろうか。

今回の辞表の提出は、まさに小沢政策の「踏み絵」であり、

政治理念の無い政党からの脱却を意図するものである。

それにどう応えるかは、民主党議員の「大きな決断」が必要になる。

「小沢に伸るか反るか」

まずは、民主党議員に「踏み絵」を踏ますために「党首選挙」を行う。

「小泉氏の郵政民政化」と同じ手法である。(与党なら解散総選挙)

ここで「自民・公明・民主の連立」の反対勢力(管や鳩山)を完全排除する。

小沢氏が前もって確実にしなければならないのは、は、「民主の持つ参議院の議席」である。

衆議院の票は、どうでもいい、これが「切り札」。

この「切り札」をどう取りまとめるかが小沢氏の手腕の見せ所。

「壊し屋、小沢一郎」は、民主党を壊し、選挙をせずにで「政権」を取りに行く。

ここで言う「政権」とは、「主だった小沢政策を丸呑みさせる」という事。

福田氏も「自分の椅子」をほしがらない相手には、譲歩するはず。

小沢氏の眼中に「総理の椅子」は、ない。

そういう男に違いない。

「民主のお家騒動」は、逆に自民党とすれば「解散総選挙」チャンスなのだが・・・。

 

 

 

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月04日 | | コメント (0)

2007年11月03日

六甲国際ゴルフ倶楽部

今日は、兵庫県鍍金組合青年部のゴルフコンペに参加した。

場所は、名門の六甲国際ゴルフ倶楽部。

姫路から車で45分くらい。

クラブハウス入り口には、「ジャケット着用」の文字。さすが名門。

着替えを済ませ、食堂でコーヒーを飲みながら青年部の方々と世間話。

隣テーブルの椅子を借りて5人でテーブルを囲んでいると

「4人でお願いします。椅子を戻してください」とウエーターから注意。さすが名門。

スタート前には、カートの使用方法について丁寧な説明があった。さすが名門。

コースは、西コースを使用した。ジャックニクラウス監修、設計らしい。

トーナメントが開催されるチャンピオンコースのプレー料金は、約30000円らしい。さすが名門。

天気も良く、楽しく一日を過ごした。スコアーは、48、48の96とまずまずだった。

ちなみに成績は、優勝。(ダブルペリア)

成績発表と会食は、車で移動して三宮の「すみれ茶屋」という郷土鍋料理屋でおこなった。

美味い石狩鍋を食べながら楽しかった一日を振り返った。

車できていたので「三宮の夜」は、なし。その場で解散。

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月03日 | | コメント (0)

2007年11月02日

裏ドラ

私は、麻雀には、「感性とテクニック」が重要だと思っていた。

しかし、今夜、「ラス」「ドボン」「ヤキトリ」を喰らい大敗して考え方を変えた。

麻雀は、「裏ドラがすべて」だと。

手作りして闇で上がってもダメ。

「リーチをかけて、裏ドラをのせる」これこそが麻雀の真髄。

すべては、「運」に支配されている。

これからは、「テンパイ、即リーチ」でいく。

投稿者 jyoumu : 2007年11月02日 | | コメント (0)

2007年11月01日

ドラゴンズ日本一

今日、中日ドラゴンズが4勝1敗で日本シリーズを制した。

普通に戦えば、日ハムが楽勝できたと思う。

しかしながら、ダルビッシュを除く、すべての日ハム選手が絶不調。

チーム防御率が4.71、チーム打率が0.147では、どうしようもない。

原因としては、日本シリーズまでの調整を失敗した事がひとつ。

もうひとつは、ヒルマン監督のモチベーションを下げる行動。

選手自身もロッテに勝って燃え尽きてしまったのだろう。

「日本一になる」という気持ちが全く、察しられなかった。

ドラマのないシリーズだったが「中村紀洋の涙」には、ちょっと感動した。

それにしても「落合、空気読めよ」

「完全試合できたのに」

 

投稿者 jyoumu : 2007年11月01日 | | コメント (0)