2007年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

2007年10月30日

第136回 天皇賞

先週の日曜日、東京競馬場で第136回天皇賞(秋)が行われた。

スタートしてすぐにカーブのある東京2000Mで行われるこのレースは、枠順が大きな影響を与える。

特に外枠の逃げ馬、先行馬は、不利。

逆に内枠の逃げ馬、先行場は、有利となる。穴を開けるのは、この馬たち。

しかも、前日の豪雨で馬場は、重い。

穴を開けるならこの馬しかいない。3番コスモバルク(地方馬)。

単騎逃げが明白。道悪巧者。臨戦過程も完璧。人気馬は、調整に疑問がある。

走るならここしかない。

よって馬券は、コスモバルクの応援馬券。

3番の単勝 5000円   3番の複勝 5000円

内枠の先行馬が有利と見る。馬連は、

3番から1、2,4,9,12番各2000円。

結果は、見せ場たっぷりの5着。馬券ははずれ。

勝ち馬は、1番メイショウサムソン。2着は、9番アグネスアーク。(2頭とも重馬場が得意)

ここでMY格言「重馬場は、荒れる。重馬場巧者を手広くボックスで買う」

 

 

投稿者 jyoumu : 2007年10月30日 | コメント (0)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)